日刊食品速報リニューアルキャンペーン 2020年3月23日(月)~5月31日(日)

2020年4月1日号より日刊食品速報の紙面と電子版がリニューアルすることを記念して、期間中の新規お申込みに限り2つの特典をご用意いたしました。以前よりもさらに読みやすくなった日刊食品速報をぜひ体験してください!

期間中の購読お申込みで2つの特典を受けよう!

特典1 15日間ご利用可能な無料体験版

お申込み後すぐにご利用可能な
15日間体験版をご利用いただけます。
(直近30日の記事は閲覧できません)

15日間体験版を始める

※体験版のご利用後に特典2にお申込みいただくことも可能です。 ※お申込み後すぐにご利用が可能です。

特典2 ご利用料金最大1ヵ月無料

キャンペーン期間中に本会員にお申込み
いただいたお客様全員に、最大1ヵ月分の
無料期間をプレゼントいたします!

本会員申込みはこちら

※すでに体験版をご利用された方、アカウントをお持ちの方は
こちらからお申込みください。

2020年4月1日号より日刊食品速報の紙面と電子版がリニューアルすることを記念して、
期間中の新規お申込みに限り2つの特典をご用意いたしました。
以前よりもさらに読みやすくなった日刊食品速報をぜひ体験してください!

キャンペーン
参加方法

日刊食品速報紙面リニューアルキャンペーン

2020年3月23日(月)~5月31日(日)

創刊46年目を迎える日刊食品速報が今年、郵送版の紙面及び電子版記事ページのデザイン・レイアウトを4月1日より刷新いたします。このリニューアルを記念して期間中にお申込みいただいた方に限り2つの特典をご用意しております。

さらに読みやすくリニューアル!

特 典

15日間ご利用可能な無料体験版

本ページにある体験版お申込みのボタンをクリックし、フォームに各種情報をご入力いただくと、ご入力後即時ご利用開始の可能な体験版アカウントを発行させていただきます。ご利用期間はお申込み当日より最大15日間となります。

※体験版に関するご注意 ・本体験版アカウントで御覧頂ける記事は直近30日間を除く記事のみとなります。 ・本体験版ご利用中にオンラインで本契約をお申込みいただく場合はこちらのフォームよりお申込みください。 ・体験版お申込み後、入力いただいたメールアドレスに当社からメールをお送りすることがあります。

ご利用料金最大1ヵ月無料

従来の本会員のご契約の場合、お申込み日より12ヵ月後に初年度の契約が終了となるところ、キャンペーン開催期間中にお申込みいただいたお客様に限り、通常より1ヵ月長い13ヵ月後を初年度の契約終了日とさせていただきます。ぜひこのお得な期間中にお申込みください!

お申込み方法

まずは体験版の
ご利用ご希望の場合

  1. STEP1
  2. STEP2
    各項目を入力して登録を完了
  3. STEP3
    日刊食品速報電子版にて入力した
    メールアドレスとパスワードでログインしてご利用開始

すぐに本会員への
お申込みの場合

  1. STEP1
  2. STEP2
    各項目を入力して登録を完了
  3. STEP3
    当社スタッフよりご契約に関する連絡をさせていただきます
  4. STEP4
    ご入金の確認後、日刊食品速報電子版にログインし、すべての
    機能をご利用いただけます

注意事項

• 本キャンペーンは、新規に日刊食品速報のお申込みをされた方に限ります。 • すでにご利用の会員様のご契約は対象になりません。

15日間体験版を始める

※体験版のご利用後に特典2にお申込みいただくことも可能です。 ※お申込み後すぐにご利用が可能です。

本会員申込みはこちら

※すでに体験版をご利用された方、アカウントをお持ちの方は
こちらからお申込みください。

食品速報が選ばれる
6つの理由

  • 豊富な情報量で調査時間を短縮
    豊富な情報量で調査時間を短縮
    • 詐欺・倒産などに役立つ先知情報
    • 合併・買収などのM&A情報
    • POS・各種データから未来を分析。電子版は最長過去3年分の多岐にわたる記事検索で、情報収集にかかる時間を大きく短縮することができます。
  • 一ヵ月8,333円で高クオリティな情報供給
    一ヵ月8,333円で高クオリティな情報供給
    創刊から40年以上一度も変わったことのない年間購読料金100,000円で毎日新鮮な情報を会員様に提供し続けています(土日祝日は除く)。
    ※8,333円は100,000円を12ヵ月で割った場合の料金です。
  • 毎日定刻に6~10本の記事を配信
    毎日定刻に6~10本の記事を配信
    電子版は平日17:00に翌日分の記事をいち早く公開。同時にメールで情報をお手元にお届けします。毎日の仕事終わりの隙間時間、帰宅途中やご自宅で読んで翌日の業務にご活用いただけます。
  • 広告なしの公平中立
    広告なしの公平中立
    他の媒体と異なり、紙面への広告掲載は一切行っておりません。広告主への配慮・忖度は一切なく、公平中立、フラットな目線で鋭く切り込み報道しています。
  • 持ち運べる最新情報
    持ち運べる最新情報
    電子版のご利用はパソコンからだけでなく、スマートフォンからも最適化されたデザインでご覧いただくことができます。毎日持ち歩くスマートフォンと一緒に食品業界の最新動向も持ち運びが可能です。
  • 食品企業データベースとの情報連携
    食品企業データベースとの情報連携
    日刊食品速報電子版だけでなく、長年独自に積み上げてきた食品企業データベースSafetyの情報を合わせてご利用いただくことで、定性情報と定量情報との両面から鋭く情報に切り込めます。
動画で見る
15日間体験版を始める

※体験版のご利用後に特典2にお申込みいただくことも可能です。 ※お申込み後すぐにご利用が可能です。

本会員申込みはこちら

※すでに体験版をご利用された方、アカウントをお持ちの方は
こちらからお申込みください。

導入事例

青果物卸関係者様

青果物卸関係者様

Q1.いつも日刊食品速報をどのようなシーンで
利用されていますか?

電子版が平日の夕方17時に更新されるので、出張先でも出先でもその時間には1度スマートフォンで確認をしています。

Q2.日刊食品速報の情報はどのようなケースで
役立っていますか?

最新記事ラインアップ内に既存取引先の社名、同業の情報、新規開拓を計画している先があるかないかを見て、最新情報を知ることができています。気になる記事があれば当日すぐに食品速報の担当記者に問い合わせ対応をしてもらっています。

Q3.食品速報を利用してビジネスに上手く活用できたことはありますか?

新規営業を考えていた先がたまたま食品速報に載っており、情勢が危なそうで結局その後に当該企業が破たんしたので、止めておいて良かったという経験があります。

Q4.食品速報の記者との直接のやり取りで役立ったことはありますか?

「●●社に農水が入ったらしい」など産地偽装の漠然とした情報を耳にしたとき、専門の記者に調べてもらったら、その後数回にわたって「情報の真相は実はこうだった」など詳細にリポートしてくれてとても役立ちました。

包装容器メーカー関係者様

包装容器メーカー関係者様

Q1.いつも日刊食品速報をどのようなシーンで
利用されていますか?

会社のデスクで翌日分が配信される夕方17時頃拝見させていただいております。

Q2.日刊食品速報の情報はどのようなケースで
役立っていますか?

与信管理面では、不安情報等は関連部署と情報を共有し、場合によっては貴社情報を端緒として自ら情報収集に動きます。また、業界動向面では特にスーパーストアの情報は、営業活動に生かせることが多く活用しております。

Q3.食品速報を利用してビジネスに上手く活用できたことはありますか?

新規営業を考える場合に与信情報は、問題が顕在化する前に早い段階での対応が可能となるので活用しております。また、債権者情報により思わぬ先が思わぬ金額引っかかっていることが判明することもあり助かっています。情勢が危なそうと、たまたま食品速報に載っており、結局その後に当該企業が破たんしたので、取引を止めておいて良かったという経験があります。

Q4.食品速報の記者との直接のやり取りで役立ったことはありますか?

弊社にて情報を得たが裏付けが取れない場合やより詳細な情報が取りたいが直接聞けない関係にある場合等、いつも助けていただいております。また、いろいろな雑談の中でも紙面には記しづらい内容の情報交換ができるためとても助かっております。

食肉加工/卸関係者様

食肉加工/卸関係者様

Q1.いつも日刊食品速報をどのようなシーンで
利用されていますか?

毎日夕方にパソコンに電子版が送られてくるのですぐにチェックしています。

Q2.日刊食品速報の情報はどのようなケースで
役立っていますか?

同業他社の動向情報、債権者情報、取引先などのM&A情報については他の媒体に比べて詳しく報じられています。また、良いことばかりでなくデメリットもチェックしているのが食品速報らしくてためになります。

Q3.食品速報を利用してビジネスに上手く活用できたことはありますか?

実際に気になる引き合いのコーナーで焦げ付きを回避できたことがあります。

Q4.食品速報の記者との直接のやり取りで役立ったことはありますか?

記者の方とは販売先情報の共有を度々しますが、自社の営業マンから上がってくるポジティブな情報と、食品速報記者がもつネガティブな視点が違うので、取引先を多角的に見つめなおすことができています。

冷凍食品加工関係者様

冷凍食品加工関係者様

Q1.いつも日刊食品速報をどのようなシーンで
利用されていますか?

決まった時間ではありませんが毎日目を通しています。

Q2.日刊食品速報の情報はどのようなケースで
役立っていますか?

同業他社や業界の動向で役に立っています。食品業界としての時流など他業態であっても参考にし、会社を運営していく上での判断材料にしています。

Q3.食品速報を利用してビジネスに上手く活用できたことはありますか?

取引先や同業との信頼関係構築に活用しています。もし信用情報を知っていれば、「与信に気を付けている」という印象を持ってもらえるため、それが信用の担保になる場合もあります。取引先も安心して取引に応じてくれたり、相談などの機会も増えました。

Q4.食品速報の記者との直接のやり取りで役立ったことはありますか?

記事にならない部分も知ることができるので、参考になります。周辺の異聞だけでも与信情報になります。速報より先にニュースを知ることもあるので先知性という点でも役立っています。

※2020年2月に日刊食品速報をご利用中の一部お客様に実施したインタビューより抜粋。 ※写真はいずれもイメージとなり実際の関係会社様のものとは異なります。
15日間体験版を始める

※体験版のご利用後に特典2にお申込みいただくことも可能です。 ※お申込み後すぐにご利用が可能です。

本会員申込みはこちら

※すでに体験版をご利用された方、アカウントをお持ちの方は
こちらからお申込みください。

2019年度に
最も読まれた記事

第1位 焼津水産化学工業(静岡)に「表示問題」 2019年9月6日

水産系調味料製造の地場大手、焼津水産化学工業(株)(=YSK、焼津市、年商112億円)に「表示問題」が発生。目下、業界内で騒動が広がっている。「YSK製の魚醤(ぎょしょう)に原材料として表示されていない『カラメル色素』が混入。同魚醤を原料として使用していたメーカー各社が大規模な商品回収に動いている」「カツオエキス、エビエキス、野菜エキス関係でも複数のメーカーが回収を始めている」「YSK製の調味料は多くの食品製造現場で利用されている。問題のすそ野は広い。混乱が拡大している」(各業界関係者)。

■発端は「告発文」
この案件がことさら注目されているのは、事態が明らかになった経緯に関心が寄せられているため。事情通によると「発端はYSKの取引先に『YSKの製造実態』に関する封書が届いたこと」。つまり「内部告発」とも捉えられる形で露見したという。以降、取引先の調査等で問題が明らかになっていった。「告発文にはかなり詳細な内容が記されている」(事情通)とのことで、YSK関係者が発信元と推察される。

続きを読む

第2位 三菱商事が富士シティオ(神奈川)に出資 2019年1月22日

スーパーの再編劇が続いている。長らく「再編説」が流布してきた富士シティオ(株)(横浜市、年商667億円)もここにきて動いた。1月18日付「特報」の通り、このほど大手商社の三菱商事(株)(東京・千代田区)が同社へ出資したことが判明(2月26日付、出資比率20%)した。今後、三菱商事は富士シティオに取締役候補2名、部長職候補1名を派遣する。

続きを読む

第3位 セントライ青果(愛知)に7億円の追徴課税 2019年8月5日

『名古屋市中央卸売市場・北部市場』の青果大卸、セントライ青果(株)(豊山町、小坂芳則社長、年商744億円=全国6位)に「国税当局が調査に入り、結果、『追徴課税約7億3000万円(地方税、延滞金含む)』という処分を受けた」との情報が浮上。全国の業界関係者を驚かせている。

続きを読む
15日間体験版を始める

※体験版のご利用後に特典2にお申込みいただくことも可能です。 ※お申込み後すぐにご利用が可能です。

本会員申込みはこちら

※すでに体験版をご利用された方、アカウントをお持ちの方は
こちらからお申込みください。

キャンペーン
参加方法

日刊食品速報紙面リニューアルキャンペーン

2020年3月23日(月)~5月31日(日)

創刊46年目を迎える日刊食品速報が今年、郵送版の紙面及び電子版記事ページのデザイン・レイアウトを4月1日より刷新いたします。このリニューアルを記念して期間中にお申込みいただいた方に限り2つの特典をご用意しております。

さらに読みやすくリニューアル!

特 典

15日間ご利用可能な無料体験版

本ページにある体験版お申込みのボタンをクリックし、フォームに各種情報をご入力いただくと、ご入力後即時ご利用開始の可能な体験版アカウントを発行させていただきます。ご利用期間はお申込み当日より最大15日間となります。

※体験版に関するご注意 ・本体験版アカウントで御覧頂ける記事は直近30日間を除く記事のみとなります。 ・本体験版ご利用中にオンラインで本契約をお申込みいただく場合はこちらのフォームよりお申込みください。 ・体験版お申込み後、入力いただいたメールアドレスに当社からメールをお送りすることがあります。

ご利用料金最大1ヵ月無料

従来の本会員のご契約の場合、お申込み日より12ヵ月後に初年度の契約が終了となるところ、キャンペーン開催期間中にお申込みいただいたお客様に限り、通常より1ヵ月長い13ヵ月後を初年度の契約終了日とさせていただきます。ぜひこのお得な期間中にお申込みください!

お申込み方法

まずは体験版の
ご利用ご希望の場合

  1. STEP1
  2. STEP2
    各項目を入力して登録を完了
  3. STEP3
    日刊食品速報電子版にて入力した
    メールアドレスとパスワードでログインしてご利用開始

すぐに本会員への
お申込みの場合

  1. STEP1
  2. STEP2
    各項目を入力して登録を完了
  3. STEP3
    当社スタッフよりご契約に関する連絡をさせていただきます
  4. STEP4
    ご入金の確認後、日刊食品速報電子版にログインし、すべての
    機能をご利用いただけます

注意事項

• 本キャンペーンは、新規に日刊食品速報のお申込みをされた方に限ります。 • すでにご利用の会員様のご契約は対象になりません。

15日間体験版を始める

※体験版のご利用後に特典2にお申込みいただくことも可能です。 ※お申込み後すぐにご利用が可能です。

本会員申込みはこちら

※すでに体験版をご利用された方、アカウントをお持ちの方は
こちらからお申込みください。

ページトップへ